知識や雑学

そろそろ本格的に真冬に備え始めないといけないような時期になってきましたね。
私も最近はウォームビズ対策に取り組んでいて色々と頑張っています。
オーダーメイドの生地を少し高いものにしておけばスーツだけでももっと暖かかったんですが、現在着ているものはデザインで選んでいるんです(笑)
機能性を見るか、デザインを見るか・・・
オーダーメイドのスーツを作るって本当に悩むことが多いです。

皆さんはスーツってどんなイメージを持っていますか?
「男性が着るとイケメンになる」「男の勝負服」「サラリーマン」など、様々なイメージを持っていると思いますが実は色々と種類があるのをご存知ですか?
多分大半の方は黒やグレーのスーツを思い浮かべていると思います。
しかし、その黒のスーツも「リクルート」「ビジネス」に区別されています。

スーツの種類を知るのもいいですが、スーツの部位の名前をご存知ですか?
例えばジャケットの手首付近についているボタンの名前です。
あれは「切羽」と呼ばれています。
「切羽」にも仮切羽と本切羽に分かれていて、既製品のスーツには仮切羽が多いです。
元々この「本切羽」が作られたのはお医者さんの為だという事はご存知ですか?
お医者さんがジャケットを着ている時に袖を捲くれるように本切羽が作られました。
既製品についている仮切羽はお洒落のためです(笑)

このようにスーツには色々な雑学や歴史があるんです。
今更聞けないような内容もありますよね。
そのような情報を今後もお伝えしようと思っています!!