オーダーメイド(オーダーメード)の型

おはようございます。
オーダーメード(メイド)初心者ブログを読んでいただきありがとうございます。

今回はスーツの型について調べてみたいと思います。
スーツについてあれこれ調べていると、やはりスーツのルーツはイギリスにあるようです。

イギリスがスーツの発祥の地で、そのオーダーメード(メイド)スーツの文化が
イタリアへと伝わり、イタリアではイギリスのオーダーメード(メイド)スーツを
基本としながらも、イタリア独自のスーツスタイルが確立されたようです。
そんなわけで、スーツといえばイギリスとイタリアが有名です。

・イギリスのスーツ
肩をいからせ、袖付けがやや持ち上がった「ビルトアップ」という形状で、ウエストは
直線的に落ちる寸胴型が主流です。
基本的にノーベントなのだそうです。(現在は変わっているようですが)

・イタリアのスーツ
肩は丸くエレガントな形状になり、ウエストを絞ったシルエットになりました。
南イタリアのナポリでは、気軽にお洒落を楽しめる「ナポリスタイル」が
ビジネス都市のミラノでは、エレガントでもしかったりとした仕立てが主流のようです。

こうして比べてみると、イギリスのスーツはカッチリとして硬派なイメージで、
イタリアのスーツは男の色気やセクシーさを引き出すように作られている気が
しなくもないですよね。
ジロウラモさんが、おしゃれに着こなしているのも、イタリア人だからこそでしょうか?
すごく、男の色気を感じますよね。

ちょい悪オヤジを目指している自分としては(古いですか?)やはりイタリア型が
気になるところですね。
この間、オーダースーツを出張採寸してくれる横浜のスーツ屋さんがあると聞いたので、
そちらも調べてみたいと思います。