オーダーメイド(オーダーメード)の種類とは?

おはようございます。
オーダーメード(メイド)初心者ブログを読んでいただきありがとうございます。
今回は、オーダーメード(メイド)の基本のオーダーメードの種類について調べてみました。

オーダーにはフルオーダー、イージーオーダー、パーターンオーダーの3種類が
あるようです。
その詳細を調べてみます。

●フルオーダーメイド
テーラーの腕の見せ所である採寸から縫製まですべてを手作業で仕上げます。
採寸から型紙を起こして、製作途中の服で仮縫いを行い細部の調整をして、
本縫いに入ります。もちろん、スーツのデティールやデザイン、生地、ボタンに
至るまで全て、要望どおりに仕上げてくれます。
ただし、型紙から起こすので時間がかかってしまいます。
ただし、一度採寸してしまうと、よほど体型が変わらない限りはデータを
保存してくれるテーラーがほとんどなので、採寸の過程は省かれます。

●イージーオーダーメイド
型紙のパターンを多数用意して、その中から一番サイズが近い型紙を選び、
採寸してその人にあった微調整を加えます。
フルオーダーとは違い全てが要望どおりとはいかないようですが、フィット感
もあり、価格はフルオーダーに比べてぐっと安くなるようです。

●パターンオーダーメイド
既にでき上がっているスーツ(既製品)を客の要望や体型に合うよう微調整をして
仕上げます。
スーツのフィット感に関してはフルやイージーにはかなわないそうですが、
今までの既製品では出来なかったデティールの変更が行えます。
それに何と言っても、価格が上記二つに比べて安く、納期も早いそうです。