オーダーメイド(オーダーメード)を作るためのよいテーラーとは?

おはようございます。
オーダーメード(メイド)初心者のブログを読んでいただきありがとうございます。
今回は、オーダーメイド(オーダーメード)の基本のテーラーについて調べてみました。

『テーラー[tailor]』という言葉は、「to cut(裁断する)」を語源とする「tailoring[テーラリング]」からきて
いるんだそうです。

そして、オーダーメイド(オーダーメード)でオーダースーツを作る場合に
一番重要なのが、「どこのテーラーで作るか?」ということなのだそうです。
フルオーダーメイド(オーダーメード)のオーダースーツの場合、オーダースーツの
仕上がりはテーラーの腕次第といっても過言ではないようです。

オーダーメイド(オーダーメード)でオーダースーツを作っても、体にフィットしてない
などということにでもなったら、オーダーメード(オーダーメイド)する意味があまり
なくなってしまいますよね。うなずけます。

そして、良いテーラーを見分けるには?ですが、もちろん、友人やオーダースーツを
かっこよく着こなしている方からのクチコミなんかだとすごく信頼できる気はしますが、
その他にちょっとしたチェックポイントがあるようです。

それはズバリ『採寸』なんだそうです。
採寸の項目が多く、その腕がいいというのは確かに体にフィットしたオーダースーツを作るためには
必須かもしれません。
また、イタリアやイギリスでオーダーメイド(オーダーメード)でオーダースーツを作る時
採寸に関わる職人の地位が高かったそうです。そういう意味でも、採寸はオーダースーツを
作るうえで非常に大事な項目のように思えますね。