幸せをお金で買うポイントとは?

最近「幸せをお金で買う」5つの授業という本を読みました。
心理学の専門家のエリザベス・ダンとマーケティングの専門家が
幸福とお金の関係を解き明かした本でかなり読み応えがあります。
普通みんなどうやってお金をたくさん稼ぐかばかりを考えがちですが、
この本のテーマは「幸福になるためのお金の使い方」。

帯には「幸せはお金では買えない」は本当なのか?と書かれています。

多くの研究がある程度以上のお金を持っていても幸福にはなれないと結論づけています。
しかしこの本では「お金の使い方を変えたら?」とお金の使い方を変えることで
「お金を幸福に変える方法」を提案しています。

本書で読んでいた気になったポイントは『経験にお金をつかうことで満足感は上昇する』、
『人は経験的な買い物をした時に、よりいい気分になり、そのような買い物に対して、
「お金を上手に使った」と感じる
』というもの。

そこで思ったのがオーダースーツ。オーダーメイドで購入する時、
それは単なるものではなく、生地選びやボタン選び、テーラーとの話し合いなどの
経験も一緒に購入することになります。

特にカップルで一緒にオーダーメイド専門店に行き、
オーダースーツを作る時は、非常に楽しい時間で、
その時間はきっと一生の思い出に残るでしょう。

しかも世界でたった1着しかないスーツが出来上がるとすれば、
それは単なる物ではなく、経験が生み出した記念品だと言える
のではないでしょうか。そう考えるとオーダースーツを購入することは
お金を上手に使うと感じる経験だと言うことができると思います。

カテゴリー: オーダーメイド(オーダーメード)の良さ — admin 12:09 PM

見た目も肝心

皆さん、お久しぶりです。
内定が出た学生の方は、学生最後の今楽しんでいるのでは?
もう既に就職活動を初めている学生の方もいますが、
この時期が一番大変だと思ってしまいますよね。

先日小さな会社を経営してる私の所にも、就活の学生が面接に来ました。
1人だけ、おっ?と思うスーツを着ていた学生がいたので話をしていたら
オーダーメードで作ったそうなんです。
普通は、格安のスーツを着るのが就活性という感じだけど、
その学生の子は、身なりも自分のアピール部分だと思ったそう。
いろいろと話を聞きたい所ではありましたが…そこは一応面接中なので(笑)
早々に切り上げて、次の面接となりました。

今の不況と呼ばれる時代、就活するだけでも結構お金がかかるんです。
行き帰りの往復運賃から、バックや靴までと大変ですよね。
その中でも、わざわざ就活用にオーダースーツを作るのは本当に感心しました。
逆にその時僕が着ていたのは、既製のスーツだったので
後から考えると、僕も見られていたんだな…ちょっと恥ずかしくなったり。

身のこなしって不思議とその人に出てくるものなので、
自分を追い込むには身なりを変えてみるのもいいかもしれません。
第一印象は3秒で決まる言われてるので、入ってきた瞬間に見てるのは
意外とスーツだったり、雰囲気だったりするのでは?と思います。
こんな話をしていたら、オーダーメイドのスーツ欲しくなりました。
若者に負けないよう、僕もしっかりとした社長にならないと!です

今年

少し遅れましたが、明けましておめでとうございます。
新年早々から、社員教育を開始して多忙な毎日を送っております。
常々思っていたことではありますが、
指導者を教育するというのは本当に難しいものですね。
自分が教わるのは上手でも、教えるのは下手だという人が多いものです。
特に、自分で何でもやる傾向の人は、人に教えるのは苦手な人が多いです。
それでも、スキルアップのために指導者に立ってもらわないと、
下が育たないので、教育するのですが・・・
理解するまでに時間がかかるものです。
そもそも、社員教育は時間をかけてするものなので、
仕方が無いとは思いますが、毎度毎度、頭を抱えます。

身なりも、上に立つ者としてそれなりの身なりをしてもらいたいものです。
他社の社長との新年の会合の時に、聞いた話では、
ある会社では、毎年一着オーダースーツを社員にプレゼントしているんだとか。
若い人だと、手を出しにくいオーダースーツも、
会社からのプレゼントなら、触れられる機会も出来て、
その良さを実感出来るから良さそうですね。
それに、会社としても身なりのいい社員が揃うことになるので、いいことですよね。
今年の決算次第で考えてみようと思います。
さすがに、社長でも自腹で社員にプレゼントは出来ないので・・・(笑)
自分に買うのが精一杯です。
昨年末に、一着、ナガサカさんでゼニアのスーツをオーダーしました。
新年の始まりの時は、新しいスーツで出勤して、
新しい気持ちで始まりたいと思って、毎年の恒例になっています。
今年も、新たな気持ちで始まりました。
いい年にして行きたいですね。

カテゴリー: 社長ブログ — admin 1:50 PM

良いお年を

いつのまにか2013年も残すところ一週間となってしまいました。
仕事と忘年会の忙しさでお疲れの方も多いのではないでしょうか?
僕は仕事から帰ると自宅では少しずつ大掃除に取り掛かっています
大晦日ぎりぎりに始めるとかなり大変なので、
我が家では12月中旬ごろからゆっくりじっくり片づけることにしてるんです。
必要のないものを捨てたり普段は簡単にしか掃除しないところを徹底的にきれいにしたり、
疲れるけどピカピカになった部屋を見ると気持ちがいいですね。
友人の家ではこの時期にはいつもプロのお掃除サービスを頼んでいるのだそう。
換気扇やお風呂の壁など、プロは道具も技も違うので見違えるようになるそうですよ。
僕の会社でもそろそろプロにお願いしたほうがいいのかな。

来年は会社の部署を増やそうを考えているので、
年が明けたら社員の教育に力を入れようと思っています。
新年度には新卒の新入社員もやってくるし。
それまでにきっちりと指導係を育て上げなくては。

若い社員を教育するときには先輩としての威厳やかっこよさは大切だと思います。
今の時代はフレンドリーさ・身近さももちろん大事ですが、
目上の人を敬う気持ちは仕事に必要です。
一人ひとりに合ったオーダーメイドのスーツはシルエットがきれいなので、
エレガントに見せてくれるし仕事している姿が様になります。
既存の社員たちは仕事内容はもちろん、
見た目や立ち振る舞いなどもしっかり気を付けてほしいと思います。

知識や雑学

そろそろ本格的に真冬に備え始めないといけないような時期になってきましたね。
私も最近はウォームビズ対策に取り組んでいて色々と頑張っています。
オーダーメイドの生地を少し高いものにしておけばスーツだけでももっと暖かかったんですが、現在着ているものはデザインで選んでいるんです(笑)
機能性を見るか、デザインを見るか・・・
オーダーメイドのスーツを作るって本当に悩むことが多いです。

皆さんはスーツってどんなイメージを持っていますか?
「男性が着るとイケメンになる」「男の勝負服」「サラリーマン」など、様々なイメージを持っていると思いますが実は色々と種類があるのをご存知ですか?
多分大半の方は黒やグレーのスーツを思い浮かべていると思います。
しかし、その黒のスーツも「リクルート」「ビジネス」に区別されています。

スーツの種類を知るのもいいですが、スーツの部位の名前をご存知ですか?
例えばジャケットの手首付近についているボタンの名前です。
あれは「切羽」と呼ばれています。
「切羽」にも仮切羽と本切羽に分かれていて、既製品のスーツには仮切羽が多いです。
元々この「本切羽」が作られたのはお医者さんの為だという事はご存知ですか?
お医者さんがジャケットを着ている時に袖を捲くれるように本切羽が作られました。
既製品についている仮切羽はお洒落のためです(笑)

このようにスーツには色々な雑学や歴史があるんです。
今更聞けないような内容もありますよね。
そのような情報を今後もお伝えしようと思っています!!

オーダースーツの良さ!!

10月になってやっと秋らしくなってきました。
朝夜は寒く、日中は暑いく気温が安定してませんが
皆さん体調は大丈夫ですか?

私はつい最近まで喉が痛くて風邪かなと思っていたら
ただの乾燥でした(笑)
窓を開けて寝ると起きた時に喉が痛くなるから
閉め忘れには十二分に注意しないとですね。

オーダーメイド(オーダーメード)のスーツに関する事についてこの前調べていたらちょっと良い曲を見つけてしまいました。
RADWIMPSというバンドが歌ってる曲で、
歌詞がとても良かったので時間があれば聞いてみて下さい。

僕がオーダースーツにこだわる理由は
既製品だとシャツとジャケットの袖丈が長いんです。
僕は肩幅はあるんですが若干腕が短いんです(笑)
だから既製品だと指の根元までシャツがあるんですよね・・・

そんなみっともないのは嫌だと思ってたときに出会ったのがオーダースーツ!!

色々と分からない事があったので同僚に聞いたり、
上司に尋ねたりして勉強してたな・・・

今ではオーダースーツに関して長々と語れますが(笑)

実際に作ってみると自分の腕の長さに合った袖丈になっていたので一瞬で恋に落ちました。
オーダースーツに(笑)

それ以来僕はオーダーメイド(オーダーメード)のスーツやシャツがやめられなくなってしまったんです。
袖丈で悩んでる人がいらしたら是非とも挑戦してみて下さい!!

もちろん既製品よりも高いですが、
社会人だったら持っていて損はしませんよ(^^)

半沢に夢中

毎日予定も入っていて忙しい中、絶対に見るものがある。
日曜劇場「半沢直樹」
色んなスーツのオーダーメード(オーダーメイド)を作っている傍ら、
このドラマが始まる時にテレビをみてほっと一休憩する事に決めてる。
今までそんなにテレビに興味がないというか、
ためになるバラエティー番組とかは見たりしますけど、
オーダーメード(オーダーメイド)の仕事を止めてまでは
見なかった僕がこんなに日曜劇場にはまってる(笑)

本当にすごいことなんです(^^)

オーダーメード(オーダーメイド)の仕事柄、
テレビとか雑誌とか情報源になるものは出来るだけ多くみますが、
まさかこんなに面白いドラマがあるとは…って感じです。
僕がまだ会社を立てる前を思い出すなーー・・・

一週間に一回、そのドラマをみてオーダーメード(オーダーメイド)を作り出す。
大まかにどういうシルエットにするかなど決めて出張にいったり、
オーダーメード(オーダーメイド)の営業にいったり、
その間で半沢直樹(笑)

オーダーメード(オーダーメイド)物の服っていうのは
他のことをしながらすると絶対に失敗してしまう。

と、僕は今まで感じているのでオーダーメード(オーダーメイド)物の
服などを手にしてるときは他のことを考えないようにしてるんです。

じゃないと、大切な商品にミスが出来てしまいますので。

今や日本だけでなく、中国でも半沢直樹は人気があるんだそうですよ。
オーダーメード(オーダーメイド)の仕事柄、たまに中国にもいきますが
そこの地元の方に聞いてびっくりしました。

オーダーするスーツの良さ

8月の猛暑で全国的に体調を崩したり、熱中症になったりする方が多いようですが
みなさんは大丈夫でしょうか?
日頃から気を付けていても外に長時間いたり、
部屋の中にいて扇風機をまわしているのに熱中症になったりするみたいですね。

僕は至って元気ですが、こんなに異常気象になると
水不足や地球温暖化の影響が本当に恐ろしく感じます。
きっと、もっと大きな温暖化による変化があると
会社どころではないのだろうなー・・・と思ったり。

こんなに暑い毎日でも僕はオーダーしている
オーダーメード(オーダーメイド)のスーツをよく着用します。

実は、オーダーで作っているスーツの方がフィット感があって
暑い中の煩わしい感じが減るので汗や匂いがついてしまうだろうなーとは思いますが
やはりオーダー物のスーツをよく好んできたりします。l

スーツって夏はとっても暑くて男性陣は満員電車の中、
汗ダラダラかき毎日大変だと思います。

ですが、スーツのジャケットを羽織っている事で
実は爽やかなイメージもありますし、しっかりしているようにも見える。
スーツを着ているだけで見た目の印象も変わるので
僕は休日でもカジュアルなスーツを着てますし、
なにか緊急で外部の方に会うことになってもなんとかなる(笑)

なので社長業をはじめてからは特別なにかない限りは
スーツでかっちり決めたり、カジュアルなスーツで決めてみたり
オーダー物のスーツで海外へ飛び回ったりしてます^^

夏は暑くていやだなーっていう男性諸君は、
ちょっと気持ちを前向きにかえると暑い夏もなんとか乗り越えれますよ♪

オーダー物のオーダーメードで

最近目の中を日焼けしてしまいました。
目の中を日焼けしてしまう…って学生の時の文化祭以来です(笑)
オーダーメード(オーダーメイド)のスーツイベントがあって
スーツに関わる面白いデザインだったり、個性的なアートを見れて本当に楽しかったですよ!
僕もオーダーメード(オーダーメイド)を着ることがよくあるし、
社長業務をしているとやはりいつもカッコ悪くないスーツでいたいって思いますしね。

こういうオーダーメード(オーダーメイド)に関するイベントは本当に助かります。

普通に着こなすタイプのスーツから、
いやー日本ではこのスタイル浸透しないだろうなー
っていうようなスタイルまで勉強できます。
男性ってスーツを着て仕事をする人多いと思うんです。
もちろん業種にもよりますけど。

だから、オーダーメード(オーダーメイド)のスーツで
どんなおしゃれな着こなしがあるのか、
どんな機能性抜群な鞄や小物があるのかっていう情報が知りたくなるんですよね。
今では雑誌とかネットでしかないですけど
今年の流行りとか今話題になってるものとか
代々的にスーツのイベントがあればいいのに
って思います。
個人的に。

オーダーメード(オーダーメイド)って夢があって
自分だけの理想スーツを作ることができるので
やはり男にとっては色んな情報を知っておきたいもの。
もっとオーダーメード(オーダーメイド)のスーツコレクションとか
身近なイベントがたくさんあったらいいんだけどなー

スーツのオーダーメイドで

結婚式いってきました!
この日のためだけに作成したオーダーメイドのスーツで!
いってきました^^
今まで色んな結婚式にいってきましたが、
やっぱりいいですね、人の結婚式って。

その人それぞれの色があって涙涙の一日を過ごしてきましたよ^^

僕のオーダーメイドのスーツも周りからとっても評判がよかったです。
「そのスーツいいね!」って言われちゃうとどうしても教えちゃう僕ですが
なんだか今日は教えたくない気持ちでいっぱいでした^^
質感とかもやはり比べ物にならないですけど、
なんだかメジャーになってしまうのが嫌で・・・(>_<)

スーツって好きな自分になれますしね。
しかもそれはオーダーメイドだからこそ、成り立ってるということでもあるし。
結婚式であれば特に男性はスーツがメインだから
自分が堂々としていられるようなスーツを着用しておきたいもの。
(お金に余裕があるなら・・・)

ちなみにオーダーメイド繋がりですが、
友人のお嫁さんが着用していたドレスはオーダーメイドでの作品だったそうです。
なんだか僕のスーツのオーダーメイド繋がりでとっても親近感がわいちゃいました♪
なんでも彼女のお母さんがこの日のために
オーダーメイドで手作りで作ってくれたんだそうですよ!

なんだかそれにじーんとしてしまって。
結婚式って本当にいいですね!
スーツやドレス、オーダーメイドのものはやはりがこもっていてよいですね!